チャレンジできる年代|医療事務講座で知識を蓄えよう|将来活かす
女の人

医療事務講座で知識を蓄えよう|将来活かす

チャレンジできる年代

男女

大学生や社会人にも得

大学や短大、社会を経験した後、専門学校に入学する人の数は増え、就職に役立つ技能を身に付けようとチャレンジする道が選択されています。特に国家資格が取得できる医療系学科は支持されています。中でも、独立開業のチャンスがある柔道整復師や、医療機関でのニーズが高い理学療法士などを選択するのも得策です。医療系の資格取得は修業年限が3年以上ともなり、学費も安いものではないのも特徴です。社会経験のある人の再チャレンジとして、異業種からの転身となる不安要素も本音としてあります。専門学校によっては、大卒以上を対象とした学科もあり、早い方向転換で結果的に20代・30代での3年間は決して長くはない利点に繋がります。大学などでの学びの沿線として、研究機関での医薬や化学の技術者としての活躍も期待できます。

看護の手が広がる

人気の高い傾向が続いているのが、臨床の最前線で治療を補助する看護の業界です。看護師・助産師はセット医療として学ぶ必要があり、分娩介助を学ぶ助産師の場合には入学資格として看護学科卒業者、または看護師資格を保持する者に限定されています。近年では、専門学校で学んだ後、目指す業界や職種がハッキリ決まっているため、就職先には総合病院やクリニック、助産院への道が人気です。しかしながら、看護師養成課程を修了している場合には保健師の道も用意されています。保育所や学校、一般企業にまで就活相談が行え、乳児から高齢者に寄り添える人材として活躍が期待できます。成人・小児・老年などの分野の看護知識と技術を持つ者の特権でもあり、専門学校での学び1つで成長し続けられる分野です。