メンズ

医療事務講座で知識を蓄えよう|将来活かす

チャレンジできる年代

男女

医療の専門学校は女性からは看護関連が不動の人気で、男性からは独立開業などを視野に入れた職に就くことのできる専門家が人気です。学生の本業は勉学であるため、大学を卒業した後、研究などに携わりたい人も専門学校に再入校し、資格を取得しています。

詳しくはこちら

医療事務の資格を取るには

ウーマン

医療事務資格の勉強方法

医療事務の資格を取るには通学、通信の医療事務講座を受講するか独学で勉強するなどの方法があります。通学の医療事務講座は講師に分からないところをその場で質問できる、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨できる、就職サポートが受けられるなどのメリットがあります。デメリットは通信講座に比べて費用が高いことです。通信の医療事務講座は自分のペースで自宅で学習できる、通学講座より費用が安いというメリットがあります。一方意思が強くないと続かないというデメリットもあります。独学は費用が安く済みますが、スクールのサポートがないため、通信講座以上に意思が強くないと続けられません。一番、続けやすいのは通学の医療事務講座と言えますが、費用や通う時間、労力を考慮して、自分に合った講座を選ぶのが大事でしょう。

講座を選ぶ際のポイント

医療事務の資格は民間資格で10種類以上あります。資格がないと就職できないということはありませんが、未経験者は資格を持っていた方が、アピールポイントにはなります。資格には特別な優劣はないため、自分の状況や目的に合わせて取る資格を選ぶといいでしょう。医療事務講座を選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。まず、就職が目的なため、就職サポートが受けられる学校の方がいいでしょう。さらに通学の医療事務講座では受講できなかった日に、別の日に振り替えてくれる振り替え制度がある方がおすすめです。また通いやすいかも選ぶ基準になります。家から近いか、駅から近いかなど通いやすくないと、続けるのが困難になるからです。通学でも通信でもいくつかの医療事務講座の資料請求して比較検討してみるといいでしょう。費用でもキャンペーンや割引をしているところもあります。インターネットの口コミも参考にしながら自分に合いそうな講座を探してみてくださいね。

人気の医療資格を取得

男性と女性

理学療法士や作業療法士の養成学科で、先進的なカリキュラムを取り入れているのが太田医療技術専門学校です。また、歯科衛生学科では医師や看護師による授業もあるなど、医療の総合学園ならではの幅広い分野を学ぶことのできる学校となっています。

詳しくはこちら

国家資格が必要

男女

あん摩マッサージ指圧師の活躍の場は多岐に渡ります。医療機関だけでなくホテルや事務などで活躍をしているあん摩マッサージ指圧師も珍しくありません。しかし、活躍をするには技術が必要です。国家試験を取得し、知識と技術を深めましょう。

詳しくはこちら